ストレスを発散しよう

看護師は、働いているとさまざなストレスを抱えることがあります。
その原因の一つが、その仕事の量にあります。通常業務の検温や問診などに加えて、急変があった患者さんへの対応も必要です。また、仕事は通常業務だけにとどまらず、患者さんのクレーム対応もしなければいけません。看護以外の仕事に時間をかけるあまり、通常の業務をこなせないというケースも少なくないようです。
この、膨大な量の仕事をこなさなければいけないという問題の背景には、看護師不足という問題の存在があります。看護師の人材が足りていないため、その分他の看護師が仕事を多くこなさないといけないという問題が現場で起きています。
これらの問題が重なってしまうと、看護師により重いストレスがかかってしまいます。 そして、看護師のストレスの原因として多いのが、事故に対する不安です。患者さんの命がかかっているからこそ、自分の対処に細心の注意を払わなければいけません。少しのミスでも、それが患者さんの命を危険にさらしてしまうということも考えられます。その危険と常に隣り合わせの現場で、その判断を何度も迫られるというのが医療の現場です。新人の看護師はもちろん、ベテランの看護師にとっても緊張してしまう場面です。極度に緊張する場面を何度も経験することで、それが大きなストレスにつながります。
この他にも、看護師がストレスを抱える場面は多くあります。大きなストレスを抱えないためにも、ストレスチェッカーで自分のストレスを把握し、抱えているのなら休日にストレスを発散するようにしましょう。